院長ブログ

片眼だけするか、両眼するか?

local_offer院長ブログ

今日は一日外来で、手術の申し込みは白内障7人でした。

白内障手術お申し込みの7人のうち、約半数の3人は片眼だけ白内障が進んでいたので片眼だけの手術を予定させていただきました。

通常、白内障は両眼が同じくらい進行することが多く、両眼の手術で予定を立てることが多いのですが、片眼だけ進行が早い場合もあります。基本的には見えにくい方の眼だけの手術でよいかと思います。ただ、60歳以降では、白内障はないと思っていてもある程度の白内障があることが多く、両方の眼の手術をしてもよいケースもあるかと思います。そのケースとは、近視や遠視、乱視が強く、尚且つ、コンタクトレンズは使わない方は、片眼の術後の眼鏡がとても作りにくくなってしまうこともあるため、両方の眼の手術をしてしまった方が生活が楽になるかと思います。また、強い近視の方の片眼の手術では、眼鏡の作製を考えると、ある程度は手術しない眼の近視度数を考慮する必要があり、術後のピントの選択に制限が出てしまう場合もあり、両眼の手術をすることはより自由なピント選択においては有利な面があると思います。

とはいっても、特に若い方であまり進行していない白内障は調節力も結構残っていてできるだけ温存した方がプラスの面もあり、どちらがメリットがあるのか慎重に考えて決める必要があるかと思います。

ちなみに、僕は片方だけ手術するか、両方するか迷っている人には、まずは片眼だけ手術して、術後の見え方で不自由がなければそのまましばらく過ごしたらよいですし、その時にもう片眼も手術したいと感じれば、それから予定すればよいと思います、と話しています。

あと、両眼の白内障手術をする場合、特別な理由が無ければ、基本的には片眼ずつ、1日でも間を空けて手術すべきだと思っています。(眼瞼下垂はバランスを取りやすいので、両方同時にした方がよいです)

今日は予約外の受付もしている木曜日なので、外来が大変混雑してしまい、申し訳ありませんでした。最後の方は終わったのが20時前くらいになってしまいましたが、皆さま、お待たせしてすみませんでした、、、長いお時間、お待ちいただき、どうもありがとうございましたm(_ _)m

↑ASUCAアイクリニックの野口三太朗先生からお菓子をいただきました!ありがとうございますm(_ _)m

TOPへ