多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

眼内レンズには大きく分けて、焦点が1つの『単焦点眼内レンズ』と焦点が複数ある『多焦点眼内レンズ』があります。
単焦点眼内レンズは焦点、つまり、よく見える位置は1か所になります。レンズの度数を調整することで、術後のピントを遠くにするか、近くにするか、または中間にするかなどの選択が可能です。その焦点が合っている位置はよく見えますが、そこから離れるほど、像がぼやけてしまいます。
例えば、手術の後、遠くがよく見えるようにした場合、近くを見る時には通常、眼鏡が必要になります。
一方、多焦点眼内レンズは焦点を遠方と近方とに作ることができるので、眼鏡に依存しない生活を送ることも可能になります。
白内障の濁りによる見えにくさが取れるだけでなく、ある意味、『老眼』も治ってしまう一石二鳥のレンズです。強い近視や遠視、老眼で眼鏡がないと不自由をしていた方にはまさに夢のようなレンズかもしれません。
ただ、多焦点眼内レンズが全ての点で単焦点レンズに優っているかというと、実はそんなこともなく、レンズの構造上、『ハロー・グレア』という夜間の光の見えにくさが出やすいこと、光を遠方と近方に分けるので、コントラスト(くっきりさ)がやや落ちるということがあります。
それから、多焦点眼内レンズを使った白内障手術は、通常の保険診療ではなく、選定療養もしくは完全自費診療になります。
保険診療での白内障手術は3割負担の方で約40,000円ですが、多焦点眼内レンズの場合は、当院では多焦点レンズの種類により選定療養では約200,000〜350,000円完全自費診療では550,000〜680,000円になります。

選定療養

治療の一部を健康保険でまかない、一部を自費の自己負担いただく制度です。多焦点白内障手術の場合、通常の単焦点白内障手術に相当する部分は健康保険が適応され、多焦点眼内レンズの差額分を自費で自己負担いただく形になります。(他の例としては入院費の個室代のようなイメージです)


当院で取り扱う多焦点眼内レンズについて

多焦点眼内レンズも様々なものがあります。
まず、

  1. 選定療養で使える国内承認のレンズ
  2. 選定療養では使えない国内未承認のレンズ

があります。
国内未承認というと、よくないイメージもあるかもしれませんが、欧米ではかなり実績があるレンズではあるものの、選定療養には対応はしていないという意味の『未承認』レンズで、外国から個人輸入し、自費診療で使うことになります。
また、多焦点の『焦点』というところからは、

  1. 焦点が遠方と近方の『2焦点眼内レンズ』
  2. 中間距離から遠方が連続的に見やすい『焦点拡張型眼内レンズ(EDOF)』
  3. 焦点が遠方、近方に加え中間距離にもある『3焦点眼内レンズ』
  4. 焦点拡張型に近方にも焦点がある『EDOF+近方型眼内レンズ』
  5. 遠方、中間、近方の3焦点にその間の2焦点を加えた『5焦点眼内レンズ』

とに分かれます。
これらのレンズを患者さまが術後に希望される見え方などから選択します。
両眼手術の場合は、両眼に同じ種類のレンズを使うこともあれば、それぞれのレンズの弱い部分をカバーするために違った種類のレンズを組み合わせて使うこともあります。

国内承認(選定療養対応)多焦点眼内レンズ

2焦点
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製)
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製) 中間から遠方が見やすいレンズです。
コントラスト感度の低下は少ないとされています。
近方は若干見えにくい方が多いです。
ハローグレアは少ないと言われています。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
焦点拡張型(EDOF)
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製)
アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製) 中間から遠方が見やすいレンズです。
コントラスト感度の低下は少ないとされています。
近方は若干見えにくい方が多いです。
ハローグレアは少ないと言われています。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
3焦点
パンオプティクス PanOptix(Alcon社製)
パンオプティクス PanOptix(Alcon社製) 選定療養で使用可能な3焦点眼内レンズです。
遠方、中間、近方と3ヶ所に焦点ができるように設計されたレンズです。
どの距離も眼鏡をかけずにピントが合いやすくなります。
ハローグレアは若干出やすいです。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。

国内未承認多焦点眼内レンズ

3焦点
ファインビジョン FineVision(PhysIOL社製・ベルギー)
ファインビジョン FineVision(PhysIOL社製・ベルギー) 遠方、中間、近方と3ヶ所に焦点ができるように設計されたレンズです。
どの距離も眼鏡をかけずにピントが合いやすくなります。
欧州ではシェアNo1の多焦点眼内レンズになります。
日本で使う場合は自費診療になります。
トーリックタイプもあり、乱視のある方にも使用可能です。
アクリバトリノバ Acriva Trinova(VSY BIOTHECHNOLOGY社製・オランダ)
遠方、中間、近方の3ヶ所に焦点ができるように設計されたレンズです。 レンズ表面が滑らかな回折構造となっており、光のロスが少なく、夜間のハロー・グレアも少ないとされています。
5焦点
インテンシティ Intensity(Hanita_Lenses社製・イスラエル)
最新の回折構造により、遠方、遠中(133cm)、中間(80cm)、中近(60cm)、近方(40cm)の5ヶ所に焦点ができるレンズです。光のロスが少ない構造のため、夜間のハロー・グレアが抑えられることが期待されています。
国内未承認多少点眼内レンズを希望される患者さまへのお願い

海外から代理店を通し輸入して使用します。代理店に依頼するため、発注時に費用が発生し、キャンセルができません。
そのため、国内未承認多少点眼内レンズをご希望される場合は、申込時に片眼10万円の保証金をいただいております。
この保証金は手術費用の一部になりますが、万が一、手術をキャンセルされる場合は、保証金をキャンセル料にさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願いします。

保険適応レンズ

レンティスコンフォート LENTIS Comfort(参天製薬)
保険診療で使える単焦点扱いですが、+1.5Dの加入度数が入っているため、遠方から中間距離(70cm)程度までの焦点の幅を作ることができる眼内レンズです。普通の単焦点レンズで遠方にピントを合わせると、中間から手元の距離は眼鏡が必要なことが多いですが、レンティスではパソコンなどの中間距離は眼鏡なしで見えることが多く、スマホ操作など手元も裸眼で見える方もいます。必ず遠くに合わせる必要はなく、遠方部分を1mくらいに合わせると、遠方は少し見えにくくなりますが、中間から手元をよく見えるようにすることや左右で度数の差をつけることでより広い範囲を見ることも可能です。また、コントラスト感度低下やハローグレアといった多焦点レンズの副症状も少なく、保険診療のレンズを考えていて、なるべく眼鏡をかけずに過ごしたい方にはとても良いレンズと考えています。 乱視用のトーリックタイプもありますが、乱視の度数が強すぎると向かない場合や近視や遠視の度数が強い方は適切な度数のレンズがない場合があります。

当院で使用している多焦点眼内レンズの一覧表

国内レンズ(選定療養)

レンズ外観 アクティブフォーカス ACTIVE FOCUS(Alcon社製) パンオプティクス PanOptix(Alcon社製)
名称 アクティブフォーカス パンオプティクス
乱視矯正 あり あり
焦点の特性 遠く~近方50cm 遠く・中間・近く30~40cm
得意な見え方 運転・ゴルフ・テニス・パソコン 運転・ゴルフ・テニス・パソコン・読書・裁縫
術後の慣れ 慣れやすい 慣れやすい
グレア・ハローの自覚 ほとんどない やや少ない
紫外線カット
ブルーライトカット
生産国(メーカー) アメリカ(Alcon) アメリカ(Alcon)
費用(片眼) 20万円(乱視なし) 28万円(乱視なし)
22万円(乱視あり) 31万円(乱視あり)

※横スクロールで全体を表示

輸入レンズ(自費)

レンズ外観 ファインビジョン FineVision(PhysIOL社製・ベルギー)
名称 アクリバトリノバ ファインビジョン インテンシティ
乱視矯正 あり あり なし
焦点の特性 遠く・中間・近く40cm 遠く・中間・近く30cm 遠く・遠中・中間・中近・近く40cm
得意な見え方 運転・ゴルフ・テニス・パソコン 運転・ゴルフ・テニス・パソコン・読書・裁縫 運転・ゴルフ・テニス・パソコン・読書・裁縫
術後の慣れ 慣れやすい 慣れやすい 少し時間がかかる
グレア・ハローの自覚 少ない 少ない 少ない
紫外線カット
ブルーライトカット
生産国(メーカー) オランダ(Oculentis) ベルギー(Physiol) イスラエル(Hanita Lenses)
費用(片眼) 65万円(乱視なし) 65万円(乱視なし) 65万円(乱視なし)
68万円(乱視あり) 68万円(乱視あり) 68万円(乱視あり)

※横スクロールで全体を表示

選定療養の白内障手術はこのレンズ費用にプラスで手術費用の保険負担分(3割の方で約4万円)が必要となります。

TOPへ