網膜硝子体手術

硝子体(しょうしたい)手術とは

硝子体(しょうしたい)手術とは

眼球の中にはゼリー状の硝子体という組織があり、目の形状を保つ働きをしています。硝子体は網膜に接していますが、加齢によって液化し、硝子体が萎縮するときに網膜との癒着が強い部分が引っ張られ網膜に穴が開くことで網膜剥離が起こったり、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などでは硝子体中に出血を起こしたり硝子体が異常な増殖をし(増殖膜)、網膜の視細胞にダメージを与えることもあります。また、黄斑部という網膜の中心部の表面に膜が張ったり、炎症などで硝子体の濁りを生じ視力の低下を来たすこともあります。このような硝子体や病変を治すために、硝子体を取り除き、剥がれた網膜を元に戻したり、出血や濁り、膜を取り除いたりすることで網膜の機能を回復させる手術が硝子体手術です。

硝子体手術が適応となる疾患

黄斑上膜

網膜の中心部の黄斑という視力にとても大切な部分に膜が張り、中心部の見えにくさ(中心暗点)や歪みを来たす病気です。失明することはほとんどありませんが、徐々に視力が下がる経過をとります。。

黄斑円孔

黄斑部に牽引がかかり穴が開いてしまう病気です。

裂孔原生網膜剥離

網膜に穴が開き目の中の水が網膜の下に入り込むことで網膜が剥がれてしまう病気です。網膜が剥がれた状態が長くなってしまうと機能的に回復が困難なためなるべく早急に手術で剥がれた網膜を元に戻す必要があります。

増殖糖尿病網膜症

長くコントロール不良な糖尿病があると、網膜の血管が閉塞し、新生血管という悪い血管が生じ、目の中に大出血(硝子体出血)を起こしたり、硝子体が異常増殖し網膜を牽引することで網膜剥離(牽引性網膜剥離)を起こし、高度の視力障害を来たし治療がうまくいかないと失明に至る病気です。

硝子体出血

何らかの原因で硝子体中に出血を起こした状態です。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離などが原因として考えられます。

硝子体混濁

ぶどう膜炎のような目の中の炎症などが原因で硝子体中に異常な濁りを生じた状態です。飛蚊症として感じますが、濁りが高度の場合、視力障害を来たすことがあります。


手術の方法

手術は目の周りに麻酔薬を注入する局所麻酔(救後麻酔)を施して行います。
硝子体手術ではまず、白目の部分にきわめて小さな穴(直径0.5㎜程度)を3~4か所開けます。1か所からはカッターという硝子体を切除し吸い取る為の器具や膜を剥がす鑷子(ピンセット)、レーザーなどの器具を入れます。硝子体を取るだけだと目が虚脱してしまうため、もう1か所からは眼圧を保つために手術用の水(灌流液)を入れるチューブをつなぎます。目の中は真っ暗なため、残りの1~2か所は目の仲を明るくするためのライトを入れます。目の中を照らしながら水を入れながらきれいに硝子体を切除し取り除いた後、疾患に応じて余分にできてしまった膜を剥がしたり、異常増殖した網膜組織を切除したり、網膜にレーザー照射を行います。通常は硝子体のかわりに灌流液が目の中に入った状態で手術を終えますが、網膜剥離や黄斑円孔では、術後も網膜がしっかり元の位置に戻るように液体のかわりにガスを注入し手術を終えます。
手術時間は疾患により、黄斑上膜や単純な硝子体出血などでは1時間程度、網膜剥離や重症の糖尿病網膜症などでは2~3時間程度必要となることもあります。
網膜剥離や黄斑円孔でガスを注入した場合は、術後もガスの浮力によって網膜をより確実に復位させるため、術後数日間はうつぶせの姿勢を保つ体位制限があります。就寝時だけではなく、日中、起きている時も顔を下に向けできるかぎりうつぶせの姿勢を保つ必要があります。また、通常、硝子体手術では白内障がある場合は白内障手術も同時に行います。


当院の特徴

硝子体手術は、眼科手術のうちでももっとも高度技術が求められる手術の一つです。以前は1、2週間ほどの入院が必要とされていましたが、近年の手術方法や機器の進歩にともない、傷口を最小限にとどめ、感染など手術後のリスクを最小限に抑えることができるようになり、患者さまに負担が少ない日帰り手術が可能となってきました。
当院では、大学病院と同等の手術施設を有し、基本的に27Gという小さな創口からの手術を行い、安全に日帰り手術を受けていただけるようご用意をしております。
なお、硝子体手術の術後はやや頻回な通院や場合によっては体位制限があり、入院手術が望ましいと考えられるケースでは、入院可能な医療機関をご紹介させていただくこともあります。

白内障と硝子体の同時手術について

50歳以上の患者さまでは多かれ少なかれ白内障が存在し、硝子体手術の後には白内障が進行しやすいため、通常、白内障手術と硝子体手術を同時に行います。また、若年の患者さまでも網膜剥離や糖尿病網膜症などに対する硝子体手術を行う場合、より確実に病気を治すために水晶体を取り除く必要があるため、白内障手術も行うようになります。


手術後の注意点

硝子体手術後は、以下の点にご注意ください。

目を強く押さないでください

手術直後は傷口が不完全なため、強い力で押してしまうと傷が開いてしまうことがあります。

医師の指示に従って点眼薬を使用してください

炎症や感染症を予防するための点眼薬です。医師の指示を守ってきちんと点眼してください。手術後の点眼は3ヵ月ほど続ける必要があります。

目に水が入らないよう注意しましょう

感染症対策として、術後3日間は点眼薬以外の水分が目に入らないように注意してください。したがって、洗顔は固く絞ったタオルで拭く、シャワーは首から下のみ、汗をガードするなど、ご不便をおかけしますが、注意を怠らないようにしてください。

ガスを充填した場合は体位制限をお願いします

網膜剥離や黄斑円孔の場合は、ガスの浮力を利用して剥がれた網膜や黄斑の穴を治す必要があるため、目の中にガスを入れます。特に術後3日間が大切になりますが、この効果を高めるためにできる限りうつぶせ等での体位制限が必要になります。


硝子体手術の術後経過

通常、硝子体手術の後の視力が改善するのには時間を要します。原因疾患にもよりますが、単純な硝子体手術でも術後1〜2週間してから週単位で少しずつ視力が改善し、落ち着くには数ヶ月かかることがあります。特に目の中にガスを入れた場合は、術後はかなり見えにくくなりますが、ガスが少しずつ水に置き換わり、ゆっくりと見え方が改善します。 角膜に傷がついたり、創口を縫うこともあり、術後はしばらく異物感や痛みを感じることがあります。眼圧が上がることもあり、その程度によっては眼圧を下げる内服や点眼薬が必要になることもあります。

硝子体手術の合併症

どんな手術でも、術後の合併症をまったくのゼロにすることは不可能です。当院の硝子体手術でも細心の注意を払い、合併症のリスクを極力減らしていますが、可能性として以下の合併症が考えられます。もし、術後に合併症が生じた場合は、追加の処置や手術が必要になることもありますが、適切に対応させていただきます。術後に少しでも異常を感じるようであれば、すぐにご相談ください。

硝子体出血など眼球内の出血

目の内側の網膜は血管が多く、網膜に触れることで容易に出血します。術中に網膜からの出血があれば、止血を行い手術を終えますが、糖尿病網膜症のように脆弱な血管が存在すると術後にじわじわと出血が増える場合があります(硝子体出血)。術後の硝子体出血は保存的に徐々に吸収されることも多いですが、量が多くなかなか出血が引かない時は出血を取り除く手術が必要になることもあります。
また、まれなケースではありますが、手術中に眼球内の脈絡膜という部分の動脈から突然大量の出血をみることがあります(駆逐性出血)。発生すると視力が大幅に低下し、時に失明にいたることもあります。

網膜裂孔・網膜剥離

網膜は非常に薄い組織であるため、硝子体を切除吸引する過程や網膜の表面の膜を処理する操作を行う際に、網膜に裂け目(裂孔)が生じることがあります。これを放置すると網膜剥離を起こしてしまうため、術中に網膜裂孔を生じた場合は、裂孔周りにレーザーを照射したり、目の中に空気やガスを入れることで網膜剥離を予防する処置を行います。また、術後に残った硝子体が網膜を引っ張ることで網膜に裂孔が生じ、網膜剥離を起こす場合もあり、程度によりレーザー治療や再手術が必要となることがあります。
特に重症の糖尿病網膜症や網膜剥離では、増殖性硝子体網膜症といって、術後に生成した異常な増殖膜が網膜を引っ張って剥離を生じることがあります。このケースでも再手術が必要となりますが、非常に難治性の網膜剥離であり、手術をしても高度の視力障害を残すことがあります。

白内障

硝子体手術を行った後は、水晶体に濁りが生じやすくなり、白内障の発生リスクが高まります。そのため、50歳以上の患者さまでは通常、硝子体手術と同時に白内障手術を行い、水晶体を人工レンズに入れ替える処置も行います。

感染症(眼内炎)

目の表面は常在細菌が存在するため、術前より抗菌薬の点眼を行い、細菌を極力減らし、手術中も消毒や洗眼、眼内洗浄で万全な感染対策を行いますが、目の中に細菌が入り術後に増殖する眼内炎という状態を起こすことがごく稀にあります。これは急激に重症化し、視力に大きな障害を与え、失明に至ることもあり、緊急の手術が必要になることもあります。術後に目の中に細菌が侵入し眼内炎を起こす可能性もあり、手術の後の点眼薬もとても重要になります。

TOPへ
-