オルソケラトロジー

眠っている間に視力矯正 オルソケラトロジー

眠っている間に視力矯正 オルソケラトロジー就寝時に特殊なコンタクトレンズを装着し、角膜の形状を矯正することで視力を改善するのがオルソケラトロジーです。起床後はコンタクトレンズを外します。眠っている間に矯正された角膜は、ある程度の時間その形を保ちますので、日中は眼鏡やコンタクトレンズなしで過ごすことができます。
レーシックなどの視力矯正手術に比べて安全性が高く、特殊コンタクトレンズの使用をやめればいつでも元に戻せるので、とても安心です。
軽度〜中程度の近視、比較的弱い乱視に治療効果がある一方、強度の近視・乱視、遠視の矯正はできません。
この治療法は、比較的角膜が柔らかくその形状を変化させやすい若年層において、高い効果を発揮できます。また、目の成長期にあるお子さんでは、近視の進行の抑制効果があることが知られています。
角膜を削ることもありませんので、レーシック手術に抵抗のある方にもおすすめできる治療法です。なお、オルソケラトロジーは健康保険適用外の自費治療となっています。


こんな方におすすめの治療法です

  • お子さまや思春期など比較的若年層の方
  • アスリート、あるいは職業によって、眼鏡やコンタクトの着用が難しい方
  • 花粉症がありその期間コンタクトを使いにくい方
  • 目にメスを入れることに抵抗のある方

オルソケラトロジーの仕組み

レンズ装着前

近視の場合、目に入ってきた光は網膜より手前に像を結んでしまいます。したがって見ている対象はいわゆる前ピントの状態となってぼやけて見えます。

オルソケラトロジーによる矯正(就寝中)

寝る前に専用の特殊なコンタクトレンズを装着します。このレンズは特殊な形状をしており、寝ている間に角膜の形を変型させて、目から入った光が網膜上にピントを結ぶように矯正します。

起床から日中

朝、目覚めたらコンタクトレンズを外します。寝ている間に矯正された角膜の角度は一定時間維持され、日中は眼鏡やコンタクトレンズなしに裸眼で過ごすことができます。


メリットとデメリット

メリット

  • すぐにでも治療をスタートすることができてお手軽です
  • 事前にテスト装用できるので安心です
  • 就寝中にコンタクトを装着しておくだけで手間がかかりません
  • 日中は裸眼で過ごせます
  • 目にメスを入れることがなく、安心です
  • 近視の進行が速い若年層で近視の進行を抑制できます
  • 治療を中止すれば、角膜の状態は元に戻るので安心です

デミリット

  • 寝るときに必ずコンタクトレンズを装着する手間がかかります
  • 視力が安定するまでの一定期間、見え方が一定しないことがあります
  • 夜間に光をまぶしく感じたり、光のにじみが見えたりすることがあります
  • 2~3年おきにコンタクトレンズを買い替える必要があります
  • 治療をやめるともとにもどってしまいます

オルソケラトロジー治療の流れ

Step1:適応検査

オルソケラトロジー治療では、特殊な形状のコンタクトレンズを使用します。このレンズが装用可能か、事前に適応検査を行います。

Step2:カウンセリング

適応検査の結果により、治療開始前のカウンセリングを行います。わからないことやご不安に思われることがありましたら、遠慮なくカウンセラーにご相談ください。

Step3:テスト装用

適応可能の結果であれば、まずは1週間テスト装用します。

Step4:レンズ処方と治療開始

テスト装用の結果を診断し、最適の治療用レンズを処方し、治療を開始します。

Step5:アフターケア

この療法では、定期検診が大切です。
治療を開始してから1週間後、1か月後、3か月後と定期的に検診を行います。
定期検診時には視力や目の状態などのチェックを行います。
このとき、装用時や日中などの違和感や不明点などについてはお気軽にご相談ください。

※なお、治療中に我慢できないごろごろした感じや、違和感などがある場合、定期検診のタイミングに関係なくいつでもご相談ください。


治療プログラム概要

当院では、厚生労働省により認可されており、矯正効果が高い「マイエメラルド」を使用しています。
まずは適応検査を行い、治療開始となりましたら、その後は医師と相談のもと、定期検査をご受診していただきます。
治療前には、必ず治療プログラムについてご同意いただいた上で治療を開始いたします。

治療プログラム概要


治療費について

初期費用 税込
両眼 165,000円
片眼 88,000円

費用には、購入してから3ヶ月以内の定期検査代、ケア用品、レンズ代が含まれます。

  1. 初回適応検査時に通常の眼科検査を実施します。
  2. 適応検査後、治療適応可能であれば1~2週間の装用体験を実施していただきます。また、預り金として別途40,000円(レンズ保証金)をお預かりします。
  3. 装用体験後、治療を開始されない場合は上記②でお預かりした40,000円をご返金いたします。
  4. オルソケラトロジー治療は自由診療ですので、治療開始後は保険対象外、全額自費負担となります。

メーカー紹介ページ

https://ortholens.jp/

TOPへ