涙目の治療

流涙症(りゅうるいしょう)について

流涙症(りゅうるいしょう)について涙が多い、涙が溢れる、いつも涙が出ているといったいわゆる「涙目」の状態が流涙症です。流涙症では、涙を拭き続けなければならない、涙でものが見えにくい、眼の周りがかぶれてしまうといった症状を伴うこともあります。
涙は、目の栄養補給と保湿の役割を担っていて、目の外上側にある涙腺から分泌されます。分泌された涙は、上下の眼瞼縁に溜まって眼球を潤しつつ、古い涙は目頭にある涙点から瞬きをするごとに涙管を通り鼻腔へと排出されていきます。それは蛇口(涙腺)から出た水が洗面台(眼瞼縁)に一時的に溜められながら、排水口から排出される仕組みと似ています。蛇口から出た水がスムーズに排水されず洗面台からあふれ出た状態、これが流涙症です。涙の分泌量が排水量を上回っているケースと、涙の排出経路に機能不全があるケースがあります。

涙管チューブ

涙管の通りが悪くうまく涙の排出ができていないときの治療法として、涙管チューブ挿入があります。
上下の涙点より専用のシリコン製の涙管チューブを通りの悪い涙管に挿入していきます。これによって、通り道を確保しつつ涙道を再建します。
挿入した涙管チューブは3か月ほどそのまま留置しておきますが、その間普通に日常生活を送れますし、外から目立つこともありません。施術は局所麻酔で行う日帰り手術です。また涙管チューブは外来で簡単に除去することができます。


乳幼児の流涙症

生後数か月の乳幼児で、片目だけに涙が多い、目やにが出るといった症状がある場合は、先天性鼻涙管閉塞症の疑いがあります。
生まれつき、目から鼻へと涙が排出される鼻涙管が狭かったり、詰まっている疾患です。
流れの悪くなった涙に細菌が感染して炎症をおこす(新生児涙嚢炎)と、目やにや目頭部分の腫れを引き起こすことがあります。
抗生物質の点眼薬で一時的に改善することもありますが、点眼をやめるとまた目やになどの症状が出てしまいます。こうした状態が2、3か月続くため、産婦人科や小児科から眼科へ紹介されてくることも多く見られます。

治療(涙道プジー)

目頭のあたりにある涙嚢部へのマッサージをしながら6か月程度経過観察をすると、鼻涙管が拡がり涙が普通に排出されるようになるケースもあります。
自然治癒しないケースでは、涙嚢が化膿する涙嚢炎を起こしやすくなるため、涙道プジーと呼ばれる処置を行うことになります。プジーとは医学用語で体内のある組織を拡張する措置のことで、涙道ブジーでは先端を丸く、組織を傷つけにくくした針金をつかって、鼻涙管に張った膜様物を破り、涙道を拡張します。
この処置は、生後6か月から1年の間に行うのが適切とされ、1回の処置で快癒するケースが多いのですが、時にこの処置を何度か繰り返さなければならないケースもあります。あまりに難しいケースでは、小児涙道手術を専門とする病院をご紹介する場合もあります。


ドライアイの涙点プラグ

目の表面が乾燥し、傷つきやすい状態がドライアイです。保湿の観点から、基本的に人工涙液の点眼で治療します。しかし、栄養補給の観点から見ると、人工涙液には本物の涙に含まれるたんぱく質やビタミンなどの有用成分が含まれておらず、点眼だけでは思ったように改善しないケースもあります。
そんな時に有効なのが、涙点プラグ挿入です。涙の排出口である涙点にプラグを挿入して涙道を塞ぎ、自分の涙を目に滞留させることでドライアイの症状を緩和します。
挿入するプラグにはいくつかの種類がありますが、いずれの場合も点眼麻酔を施し、涙点のサイズ確認からプラグ挿入まで数分で終わる簡単な施術です。

シリコンプラグ

シリコン製の涙点プラグを挿入する方法です。施術時にはまず涙点のサイズを確認し、挿入するプラグのサイズを決めます。人体に影響の少ないシリコン製ですので、脱落してしまわないかぎり半永久的に使用できます。プラグの挿入による違和感が強すぎるケースや、効果が高すぎて涙が溢れてしまうケースでも、プラグを除去すればいつでも元の状態に戻すことができます。

TOPへ
-