院長ブログ

白内障の紹介でも

local_offer院長ブログ

今日は一日外来で夕方に霰粒腫の切開が2人(8歳女の子、50歳女性)でした。
手術の申し込みは、白内障7人、眼瞼下垂2人、霰粒腫2人(3歳女の子、56歳女性)でした。

先週、他院で『白内障で手術を』と紹介状を渡された80代の女性が、左眼がどんどん見えにくくなったのでと今日、いらっしゃいました。紹介状での左視力は0.4でしたが、3日後の今日は0.2まで低下し、眼の状態を見ると、光を当てた時の瞳孔の反応である対光反射が弱くなっており、視神経は浮腫んでいて、血流が低下して視神経が障害される虚血性視神経症が原因で視力が下がったと思われました。

神経の病気で、なかなか有効な治療法がなく改善が厳しい病気ではありますが、それでも早めに治療をするに越したことはなく、血流を改善する内服とステロイドの点滴を行う方針としました。また、内科的な疾患が原因となることもあるため、内科での検査を勧めさせていただきました。

白内障の手術目的で紹介を受けた時に、通常であれば、急いで受診することはあまりありませんが、今回の患者さまのように、『どんどん見えにくくなる』と何かおかしく感じた場合は、もしかすると、視力低下の原因が白内障以外の病気で、治療を早めに行なった方がよい場合もありますので、念のためでも早めに受診するとよいかと思います。

ちなみに、前の先生が診察された時には、白内障以外の所見が全く出ていない可能性も十分あり、判断を誤ったとか見逃したということでは全くなく、おそらく、後になって神経の所見が出てきたと思われ、病気の診断はとても難しいということを改めて感じた一日でした。そういうこともあると気をつけて診療に当たりたいと思います。

TOPへ