院長ブログ

休診日 伊藤眼科へ

local_offer院長ブログ

休診日に西東京市の保谷伊藤眼科に見学に行ってきました。

最近、外来の予約や手術の予定もだいぶ先になってしまったり、外来もなかなか時間通りに終わらず、予約外の患者さまを十分に診察できないこともあり、皆さまにご迷惑をおかけしてしまっており、この状況を少しでも改善する手がかりを探しに来ました。

保谷伊藤眼科の伊藤勇院長は僕が所属していた昭和大学で難症例の手術をたくさんされ、2015年に西東京市保谷で開業された先生で、白内障のみにとどまらず、緑内障に硝子体にICLにと色々な手術を手掛け、僕が目標とする先生です。
実際、伊藤先生と一緒に同じ施設で仕事をしたのは、僕が眼科1年目の昭和大学東病院眼科(旗の台)時代のたった1年間だけですが(一緒に仕事というより勉強ばかりでしたが)、その当時の研修で一番記憶に残っているのが伊藤先生の手術、診療です。
旗の台では網膜剥離や外傷などで夜間の緊急手術がとても多かったのですが、難しい大変な症例の手術を昼夜問わず、嫌な顔ひとつしないでこなし、とても頼りがいのある先輩でした。忙しい大学病院の外来でも患者さんに寄り添い、大変な症例では視力が下がってしまうこともあるのですが、そんな患者さまにも親身になって治療する姿は今でも強く印象に残っています。僕の最も尊敬する先輩の一人です。

今回、伊藤先生のクリニックの設備やシステム、診察を見させていただきましたが、検査室には静的視野検査の器械(自動視野計)が2つもあったり(それに加えゴールドマン視野計もあります)、広角眼底カメラ(Optos)や前眼部解析装置(CASIAⅡ)などの最新機器、受付には自動釣銭機といった便利な設備もありました。診察では豊富な画像検査を大きな画面で丁寧に説明され、まさに患者さまファーストな眼科診療を実践され、とても勉強になりました。残念だったのは、今回、午前中しか時間が取れず、午後の手術を見ることができなかったことです。次回はぜひ、伊藤先生の手術を勉強させていただきたいと思います。
伊藤先生のような患者さまのことをよく考えている先生の診療を見ると、自分ももっともっとああしなければ、こうしなければと思うことがたくさんあり、しっかり自分のクリニック、診療に還元していきたいと思います!

伊藤先生のクリニックにご来院中の患者さまにはお騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした、、、
でも、保谷、西東京エリアにお住まいの方は目のことで困ったら伊藤先生のところに行けばなんとかしてくださると思うので、とても恵まれていると思います。僕にとっても、このように困った時に相談できる先輩が近くにいて、助言を求めに行けることは本当にありがたく、幸せなことだと感じています。

伊藤先生と秘書の飯田さん、スタッフの皆さん、通常診療のお忙しい中、面倒をみてくださり、どうもありがとうございました!

僕も伊藤先生のような診療を目指して頑張ります!

TOPへ