院長ブログ

左右の霰粒腫

local_offer院長ブログ

今日は午前が外来で午後はいつもは手術の曜日ですが、明日が祝日のため、主に処置や翌日の診察が不要な手術を行いました。

処置は硝子体注射、ステロイドテノン下注射、手術は眼瞼下垂と逆さまつげの手術(通糸法)が1人ずつと霰粒腫が4件でした。

霰粒腫は5歳女の子、15歳女の子、40歳男性が予定で入っていましたが、本日、埼玉からいらした111ヶ月の女の子も左まぶたの上下に大きな霰粒腫ができていたので、急遽、切開することになりました。

15歳の女の子は左右の上まぶたに2個ずつしこりができていて、右は中央に2個並ぶようにできていたので、その2つのしこりの幅の皮膚を切開して、霰粒腫を取り出し、皮膚を縫って終えました。左は目頭側に小さなしこりと外側の表面に霰粒腫の跡が残っていたので、目頭側はまぶたの裏側を切開して、外側は赤くなった皮膚を切除して、霰粒腫を取り除きました。左右で個数も多かったので、ちょっと時間もかかり、大変だったかと思いますが、しっかり霰粒腫を取ったので、夏休みが明けるまでに抜糸も済ませてきれいになって学校に行けるといいなと思います。頑張ってくれて、ありがとうございました。

他の皆さまもお疲れ様でしたm(_ _)m

↑患者さまから差し入れのおにぎりをいただきました!どうもありがとうございますm(_ _)m

TOPへ