院長ブログ

夏休みだから?

local_offer院長ブログ

今日は一日外来で夕方に霰粒腫の切開が2人(2歳女の子、5歳女の子)でした。
手術の申し込みは白内障3人、霰粒腫3人(2歳、4歳、5歳)でした。

今月は学校や幼稚園が夏休みだったためか、お子さんの霰粒腫の受診や問い合わせがとて多かった気がします。

今日もお子さんの霰粒腫切開が2件あり、5歳の子は先週、左の下まぶたの霰粒腫を緊急で切開したのですが、炎症が強かったせいか、取り残しがあったのか、またできてしまったのか、今日の診察でまだ霰粒腫が残っていると思われたので、追加で切開させていただきました。前回の炎症があった時とは明らかに組織の様子が変化していて、今回は霰粒腫の組織がはっきり分かり、きれいに取れたと思うので、しっかりよくなってくれるのではと思います。

2歳の子はメールで問い合わせをいただき、本日、初診で切開をしました。左の上まぶたの表側中央に目立つ霰粒腫ができていて、そこは皮膚側から切開しましたが、目頭側にもまぶたの中に2つ霰粒腫ができていたので、そこは結膜側から切開しました。さらに、下まぶたにも結膜側に成長する霰粒腫があったため、これも結膜側から切開し、計4ヶ所切開しました。おそらく、霰粒腫ができやすいまぶたなのだと思うので、もしかすると、またできてしまう可能性があるかと思いますが、今回はしっかり取り切ったと思うのでなんとかよくなってくれるといい思います。

今日は外来が空いていたせいか、予定の時間に処置ができたので、うまく鎮静剤が効いた状態で、2人とも泣かずに切開できたのでよかったです。

霰粒腫の切開のご希望にはできるだけ応えたいと思っていますが、正直、いっぱいいっぱいな状態で、もっと早く切開して欲しいというお気持ちもあるかと思いますが、どうかご理解いただければと思いますm(_ _)m

↑前回、この状態で切開しましたが、今日、再度切開させていただきました。

TOPへ