院長ブログ

福○県

local_offer院長ブログ

今日は午前が外来で午後は手術でした。手術の申し込みは、霰粒腫が1人(5歳男の子)した。

今日の手術は、白内障5件、眼瞼下垂2人、眼内レンズ交換1件、霰粒腫5人(3歳女の子2人、4歳女の子、5歳女の子)でした。

今日の手術では遠方から来てくださった方がいて、がつく県からでした。福島県?福岡県?のどちらからでしょうか?

正解は、、、福島県と福岡県の両方でした。

福島からは3歳の女の子が霰粒腫の切開で、福岡からは60代の女性が眼内レンズの入れ換えの手術を受けて下さいました。県外からの患者さまはそう多くはありませんが、今日の手術の遠方からの方が二人とも福がつく県からお越しになったのはおもしろい偶然だなと思いました。

福島からの霰粒腫の女の子は右眼の上下、左上の3か所にしこりができていましたが、3つともしっかり取れたので、きれいに治ってくれるといいなと思います。お父さまと二人で新幹線で帰るとおっしゃっていたので、眼にガーゼをつけての帰りがちょっと大変だったと思いますが、その後の連絡は無かったので、無事にご帰宅されたのかなと思います。

福岡からの患者さまは、福岡県内の某国立大学病院で眼内レンズ交換の手術を相談したところ、『眼内レンズの入れ換え手術は対応していない』と断られてしまったそうで、きっとご不安だったと思いますが、目的のレンズに問題なく入れ換えることができてよかったです。

今日も手術、お疲れ様でしたm(_ _)m

TOPへ