院長ブログ

2022年ありがとうございました

local_offer院長ブログ

今日は2022年最後の診療日で午前中だけの外来でした。
手術の申し込みは白内障が2人でした。

色々あった2022年ですが、なんとか無事、年の瀬を迎えることができました。

今年の主な手術は

白内障862件(多焦点眼内レンズ116件 トーリック眼内レンズ170件 アイステント併用38件)
眼瞼下垂316件(挙筋短縮182 皮膚切除142 吊り上げ2件)
眼瞼・睫毛内反症手術11
翼状片切除13
硝子体手術53件(強膜内固定8件)
眼内レンズ交換34
有水晶体眼内レンズ(ICL)挿入8
アドオンレンズ挿入3
涙管チューブ挿入13
霰粒腫214

などでした。

今年もたくさんの患者さまに手術を受けていただき、どうもありがとうございました。

いつも思うことですが、この数字が一般的に多いか少ないかは分からないですし、それはあまり意味のないことですが、一つ言えるのは僕にとってはとても大きく、ありがたい数字です。本当にありがたく思います。どうもありがとうございます。

すべての患者さまで手術やその後の経過がうまくいった訳ではないと思っていますが、精一杯の手術はしたと思っていますし、術後の対応もできる限りのことはしたつもりです。手術を受けて下さることは信頼をいただいていることですので、その気持ちに少しでも応えられるように責任を持って一生懸命手術をしたいと思っています。

また、いつも応援して下さる患者さま、困った時にアドバイスや力を貸して下さる先生方、そして、あまり文句も言わず一緒に診療を頑張ってくれるスタッフの皆んな、関わる全ての皆さまに感謝します。どうもありがとうございます。

来年もスタッフ一同、協力して安全第一でよりよい手術ができるよう、頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたます。

2022年、どうもありがとうございましたm(_ _)m

↑患者さまが描いてくださったイラスト。どうもありがとうございます!

TOPへ