院長ブログ

眼に注射??<抗VEGF薬硝子体注射について>

local_offer院長ブログ
少し前のブログに加齢黄斑変性のことを書きました。
その加齢黄斑変性は以前はなかなか有効な治療がなく、視力障害を食い止めることが難しい病気の一つでした。
現在でも、残念ながらかなり見えにくくなってしまう方もいらっしゃいますが、治療によりある程度、進行を抑え視力を維持することも可能になってきました。
 
その治療は『抗VEGF薬硝子体注射』(抗VEGF療法)という治療です。
VEGFというのは『血管内皮増殖因子』という血管の成長などに関わるホルモンです。加齢黄斑変性では網膜の下の『脈絡膜』という層に異常な『新生血管』ができ、この血管のせいで黄斑部に出血やむくみ、網膜細胞の障害などをきたします。
その新生血管ができるのにVEGFが作用しているため、このVEGFを抑える薬(抗VEGF薬)を眼の中に直接注入し、新生血管を消退させる治療が『抗VEGF薬硝子体注射』という治療になります。
現在、日本で使用が認められている抗VEGF薬には、アイリーア、ルセンティス、マクジェンがあります。
 
実際の手技は、30G(太さ0.3mm)という細い針を使い、角膜(黒目)の縁から結膜(白目)側に3mmの位置で眼の中(硝子体)に薬を入れます。
 
 
『えっ、眼に注射なんてして大丈夫?』とご心配な方もいらっしゃると思います。
 
でも、大丈夫です。
 
眼を開けて洗浄して、針を刺す位置を決めて注射して終わるまでは1〜2分ですが、実際の注射自体は数秒で終わります。
 
ただ、気をつけなければならないことももちろんあります。
 
一つは針を刺す位置です。前の方すぎると、水晶体を傷つけ、急に白内障が進行させてしまいます。後ろの方すぎると、網膜を傷つけ、眼の中に出血や網膜剥離を起こすことがあります。これは僕たちが気をつけて正しい位置に針を刺すしかありませんが、急に眼が動いたりすると危ないこともありますので、なるべく眼を動かさないようにご協力いただけるとありがたいです。
 
もう一つは細菌感染の可能性です。実は眼の表面には通常の状態でも細菌がいます(皮膚や口のなかなども同じですが)。こういう菌は『常在細菌』といわれ、その場にいるだけであれば通常は悪さをしません。しかし、眼の外から針を刺し、眼の中に細菌が入ると、眼の中で細菌が増殖し、強い炎症を起こすことがあります(『眼内炎』といいます)。これを予防するために、注射の3日前から抗菌薬の点眼をしていただき、直前には眼の表面を消毒薬でよく洗ってから注射を行い、その後も1週間ほど、抗菌薬の点眼を続けていただきます。眼内炎には細心の注意を払っていますが、注射の後、目やにや充血が強かったり、見えにくさがつよくなった場合は、予定の診察日でなくともなるべく早めに受診をお願いします。
 
あと、もう一つ、はっきりとしたデータはないのですが、正常な血管に作用し、脳や心臓の虚血性の疾患(脳梗塞、狭心症、心筋梗塞)を引き起こす可能性も指摘されています。硝子体注射の後に体の変調(意識障害、麻痺、胸痛など)を感じた場合は緊急で内科を受診いただいた方がよいかと思います。可能性の問題で必要以上に心配することはないかと思いますが、脳や心臓にご病気のある方は、この注射でのメリットとリスクを考えて治療を行うかどうかを慎重に決めることが大切と思っています。
 
硝子体注射がご心配な方に『大丈夫ですよ!』というメッセージを伝えたくて、書いた記事ですが、なんだか、逆に余計心配にさせてしまったかもしれません、、、
そう思わせてしまったら、申し訳ありません、、、
でも、僕たちは注射することで少しでも眼の状態がよくなればという思いで、注射の副作用が絶対起こらないように最大限に注意しながら治療を行なっています。絶対ということはないのですが、だからこそ、絶対起こらないようにと思って治療しています。
 
注射の治療を受ける方が僕たちの思いを知って、少しでも安心して治療を受けていただけたらうれしいです。
 
クリニックのYouTubeにも硝子体注射の動画を公開しています。
 
ご参考にしていただければと思います。
 
たまプラーザやまぐち眼科CHANNEL 『硝子体注射』
 
 
#加齢黄斑変性 #AMD #抗VEGF療法 #ルセンティス #アイリーア #硝子体注射 #心配な方に
TOPへ