院長ブログ

黒い点が見える;飛蚊症について

local_offer院長ブログ
『黒い点が見える』『虫が飛んでいるように見える』『白い輪っかが見える』などなど、、、こんな症状をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
いわゆる『飛蚊症(ひぶんしょう)』の症状です。
 
『飛蚊症なんて放っておけばいい』と聞いたことがある方もいらっしゃると思いますし、『悪い病気か心配で』と思われる方もいらっしゃるかと思います。
 
飛蚊症の原因は眼の中の方(内腔)にある『硝子体(しょうしたい)』の濁りです。
 
飛蚊症の多くは年齢の変化と共に硝子体が濁る『生理的な飛蚊症』で心配ないことが多いです。
また、硝子体は元々、眼の内腔いっぱいにつまって網膜にぴったりくっついているのですが、年齢で少しずつ液化して(溶けて)きます。すると、硝子体のボリュームが減り、硝子体のまわりを包む硝子体膜が眼の内側から外れ、その硝子体膜が視神経とくっついていた部分が外れると『後部硝子体剥離』という輪っか状の濁りが生じ、これを飛蚊症と感じることもあります(これも生理的な飛蚊症に含まれます)。
この後部硝子体剥離自体は問題ないのですが、後部硝子体剥離に続いて、硝子体のくっつき(癒着)が強い網膜が引っ張られると、網膜に穴があく『網膜剥離』を起こすことがあり、しばらくは注意(経過観察)が必要です。
 
 
生理的な飛蚊症は特別、治療を要しない飛蚊症ですが、中には放置するとよくない『病的な』飛蚊症もあります。
 
一番気をつけなくてはならないのは、網膜に穴があく網膜裂孔(更に網膜が剥がれ網膜剥離)による飛蚊症です。
網膜の裏側には網膜色素上皮という色素に富んだ組織があるため、網膜に穴があくと、その色素が硝子体中に飛散したり、網膜の血管が切れて出血を起こし、その濁りを飛蚊症として感じることがあります。
網膜に穴があく時に、その刺激で、光を見た訳でなくても、『光が走るような気がした』という『光視症』を感じることもあります。
網膜に穴があき、その穴から眼の中の水が網膜の裏側に入り込むと、網膜が剥がれ、『網膜剥離』を起こしてきます。すると、網膜が剥がれた部分の光の感受性が低下し、部分的に暗く感じるようになります。
網膜裂孔ではレーザー治療で網膜剥離への進行を抑えなければならないですし、すでに網膜剥離が起こっている場合は、早めの手術が必要になることもあります。
ですので、網膜裂孔や網膜剥離による場合はなるべく早く対応した方がよい飛蚊症になります。
 
 
その他、眼の中に出血を生じる硝子体出血や炎症などにより硝子体に濁りができる硝子体混濁などでも原因によっては早めの治療が望ましい場合もあります。
 
心配のいらない飛蚊症がある一方、病気による病的な飛蚊症では早めの受診と治療が大切になります。
だいぶ前からあるような飛蚊症では心配ないことが多いですが、飛蚊症が現れた初期では、大丈夫かどうかは判断がつきにくい場合もあります。
 
『大丈夫かなと思っていて、実は病気だった』というよりは、『病気かと心配したけれど、大丈夫だった』と安心する方がよいと思います。
ですので、急に飛蚊症の症状が出た場合は、もしかすると病気の前触れかもしれませんので、一度、早めの受診をお願い致します。
 
«まとめ»
飛蚊症には心配ない生理的なものと放ってはいけない病的なものがあるので、飛蚊症が起こった直後はなるべく一度、早めの受診を
 
#飛蚊症 #黒い点が見える #虫が飛んで見える #網膜裂孔 #網膜剥離
TOPへ