院長ブログ

タウンニュース2021年2月25日号

local_offer院長ブログ

タウンニュース青葉区・都筑区・版宮前区版で毎月連載させていただいている『目のお悩みQA』第8回目の今回は『目薬の使い方を教えてください』というテーマについて書いてみました。

https://www.townnews.co.jp/0101/2021/02/25/563122.html

意外と間違った使い方をしてしまうこともある目薬ですが、正い知識で適切に使うことが大切です。

点眼を使う患者さまに少しでも役に立てばと思います。

以下、タウンニュースの本文です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

目のお悩みQ&A
 第8回『目薬の上手な使い方を教えてください』

 目薬の使い方には大切なポイントがあります。

【さし方】
 真上からポタポタ垂らすと上手く入りづらいので、少しだけ上を向き、下まぶたを人差し指で引っ張り、まぶたの内側に垂らした方が確実に目薬が入ります。

【効果的なさし方】
 目薬は目頭から鼻へ流れるので点眼後に目頭を押さえると効果的です。

【点眼の量は?】
 1滴がしっかり目に入れば十分です。

【複数の点眼のさし方】
 続け様にさしてしまうと前の薬が流れてしまうため、5分以上間を空ける必要があります。また順番は、基本的にはより効かせたい薬を後にした方が良いです。もし、前の薬が残っていると、後の薬で流されてしまうからです。しかし、しっかり5分間空けていれば必ずしも順番にこだわる必要はありません。

【保存方法は?】
 緑内障の薬など一部は冷蔵庫に保存しなければならない目薬もありますが、多くは冷蔵庫でなく室内保存で十分です。

【使用期限は?】
 一度、開封した目薬が使えるのは1カ月です。それ以降の安全性は保証されていないため、まだ残っているからと長く使うのはよくありません。ただし、未開封であれば明記されている使用期限(通常1〜2年)は保存可能です。

 ぜひ目薬を適切に使用し、より効果的に目の病気を治しましょう。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

タウンニュースのコラムでは、眼に関する疑問についてお答えさせていただいております。気になる眼の症状から白内障やまぶた、硝子体の手術まで何でも構いませんので何かリクエストがございましたら教えてください。

質問リクエスト先

メール;clinic@tamaplaza-eyeclinic.com

タウンニュース青葉区版 電話;045-913-2711  FAX045-910-1120

TOPへ