院長ブログ

タウンニュース2021年6月

local_offer院長ブログ

タウンニュース青葉区・都筑区・版宮前区版で毎月連載させていただいている『目のお悩みQA』第12回目の今回は『糖尿病だとなぜ眼科受診が必要?』というテーマで糖尿病をお持ちの方の眼科受診の必要性・重要性について書いてみました。

以下、タウンニュースの本文です。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 糖尿病のある方は内科の先生から『眼科も受診してください』と言われたことがあるかと思います。『目の症状も無いのになぜ眼科?』と思われたかもしれません。糖尿病は血糖値が高い状態(高血糖)ですが、単に血糖が高いだけでは何も症状がありません。しかし、高血糖が続くことで血管に障害が起こり、様々な臓器に悪い影響を及ぼします。
 目の網膜も血管が多くて糖尿病の影響が出やすく、高血糖による網膜の変化は『糖尿病網膜症』と呼ばれます。初期では単に網膜に出血を起こすだけですが、進行し中期になると、目の中の血流が悪くなる虚血状態になり、白いシミ(白斑)が出現します。しかし、この時点でも通常症状はありません。更に進行するとむくみが生じたり、目の内側に出血(硝子体出血)を起こしたり、網膜剥離や難治性の緑内障を起こすこともあります。
 この末期になりようやく見えにくい症状が出現します。初期中期では症状が出ないため定期的な眼底検査が必要で、中期のうちにレーザーなど適切な治療を行って進行を食い止めることと、血糖管理がとても大切です。
 手遅れになると、最悪失明してしまうこともあり、日本人の失明の原因第2位がこの糖尿病網膜症になります。糖尿病の方は目の症状がなくとも、網膜症による視力障害を防ぐため定期的な目のチェックが必要です。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

タウンニュースのコラムでは、眼に関する疑問についてお答えさせていただいております。気になる眼の症状から白内障やまぶた、硝子体の手術まで何でも構いませんので何かリクエストがございましたら教えてください。

質問リクエスト先

メール;clinic@tamaplaza-eyeclinic.com

タウンニュース青葉区版 電話;045-913-2711  FAX045-910-1120

TOPへ