院長ブログ

タウンニュース2021年9月

local_offer院長ブログ

タウンニュース青葉区・都筑区・宮前区版で毎月連載させていただいている『目のお悩みQA』第15回目の今回は『白内障の手術はやり直しができますか?』というテーマで白内障の術後に見えにくさがあった場合、どうしたらよいかについて書いてみました。

以下、タウンニュースの本文です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

 白内障手術は濁った水晶体を取り出し、新たに人工の眼内レンズを入れる手術で、この眼内レンズの種類や度数の選択次第で術後の見え方が変わってきます。このレンズを選択できるのが白内障手術の良さであり、難しいところです。

 眼内レンズの種類は単焦点と多焦点に分かれます。それぞれ
長所短所があり、多焦点レンズはある程度、裸眼で遠くも近くも見ることも可能ですが、構造上、若干かすむような見え方や夜間の光の見え方の異常といった弱点もあります。単焦点レンズは度数の調整をすることで遠くか近くか、中間かといった具合に裸眼で見たい距離(ピントの位置)を決めます。

 上手くいけば、理想の見え方を叶えることができますが、難しいのは、眼鏡であれば試し掛けができますが、眼内レンズは計算や予測でレンズを選び、その確認は手術が終わってからになることです。思ったような見え方でない可能性はどうしてもあり、その場合は白内障やり直し手術が必要になることもあります。

 時間が経ってしまうと難しくなることがありますが、眼内レンズの入れ換えや度数だけの問題であれば、もう一枚レンズを追加したり、レンズやレーザーで角膜を削る方法が有効な場合もあります。白内障のやり直し手術はできますが、そうならないようによく考えてレンズを選ぶことが大切です。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

タウンニュースのコラムでは、眼に関する疑問についてお答えさせていただいております。気になる眼の症状から白内障やまぶた、硝子体の手術まで何でも構いませんので何かリクエストがございましたら教えてください。

質問リクエスト先
メール;clinic@tamaplaza-eyeclinic.com
タウンニュース青葉区版 電話;045-913-2711  FAX045-910-1120

TOPへ