院長ブログ

眉毛の中のほくろ

local_offer院長ブログ

今日は午前が外来で午後は手術でした。手術の申し込みは、白内障1人でした。今日の手術は、白内障11件、眼瞼下垂2人、霰粒腫2人(3歳男の子、54歳女性)でした。

今日の外来では先月、左の眉毛の中の腫瘍を切除した女性の術後1ヶ月の経過観察の診察がありました。

腫瘍といっても良性の母斑、いわゆるほくろと思われる腫瘤で必ずしも取らなくてもよいものですが、立体的に成長して目立つ腫瘤なので切開しました。

眉毛の中の腫瘤を切除すると、その部分の眉毛がダメになってしまうのではと心配されますが、基本的に毛根を残すことで眉毛を減らすことなく腫瘤を切除することができると思っています。もちろん、切除してしばらくは切開面が赤くなり、処置をしたのが目立ってしまいますが、1ヶ月くらいすると皮膚ができてキズが少しずつきれいになってくると思います。

良性腫瘍なら無理に切開することもないという考えもありますが、大きくなると、当然、切除範囲が広くなり、場合によっては切除の深さも深くなってしまうこともあり、回復に時間を要したり、傷跡が若干残ってしまうようなこともあるので、気になる場合は、ある程度のところで切開してあげるのも一つの考えかと思います。

今日も手術、お疲れ様でしたm(_ _)m

↑術前

↑術後1週間

↑術後1ヶ月

 

TOPへ